トピックス

マイページに追加する平成28年度「第22回NANBUせせらぎスクール」を開催しました

アクセス数(672回)
公開日時1月31日(火)

 平成29年1月21日(土)9:00~大分南部公民館にて、「第22回NANBUせせらぎスクール」を開催しました。
この事業は、大分南部公民館エリアにある大分川の支流「寒田川、一の瀬川、敷戸川、鴛野川、米良川、長谷川、七歩川」等の豊かな自然環境を見直し、河川清掃や河川の生き物観察等の地域環境に目を向けた活動をエリア内の小中学校の児童生徒や各種団体等が発表します。
 郷土を愛する気持ちやふるさとの自然環境を守ろうとする気持ちの醸成を図ることを目的として毎年開催します。今年度で22回目を迎えました。

 学習発表の前にエリア内小中学校から募集した『ふるさとの絵』コンクールの表彰式を行いました。約70点の応募があり、その中から8名が優秀賞に選ばれました。NANBUせせらぎスクールの堤 徳生実行委員長より表彰状と記念品が授与されました。(写真は選定委員の方が優秀作品を選定している様子です。)


ステージ発表

1.森岡小学校 1年生 『いちのせ川 たんけん』

2.鴛野小学校 4年生 『だれもが安心してくらせる街にするために』

3.滝尾小学校 4年生 『滝尾の環境について考えよう』

4.寒田小学校 4年生 『寒田の自然と環境について』

5.下郡小学校 4年生 『住みよいまちにするために』

6.敷戸小学校 4年生 『自分たちにできること』

7.滝尾中学校 1年生 『野鳥の観察』

8.稙田東中学校 1年生 『夏の寒田川の水質』


各小中学校の環境学習の発表後、稙田東中学校の代表生徒が、学習を通して気づいた自然の素晴らしさと自分たちができることに取り組むこと、これからもふるさとの自然を愛し守っていくことを大会宣言として発表してくれました。

当日は、約250名の来場者がありました。児童生徒の学習発表や「ふるさとの絵」に大変感動されていました。

来場者(発表者)の感想を一部紹介します。

〇ふるさとの思いを中心に、それぞれの小中学校が調査・探検をし、発表し合う見合うというのは、大変良い機会だと思います。ふるさとを愛する心、発表力、探究心などが育成されています。「NANBUせせらぎスクール」は、ずっと大事にしていただきたい活動だと思います。

〇久しぶりに小さな子ども達の活躍する姿が見られて、元気をもらいました。学校の勉強以外にいろいろなことを学習しているなと思って安心しました。

〇今日初めて、このNANBUせせらぎスクールに参加させていただきました。滝尾校区以外の事も知れてよかったです。それぞれ調べたことをしっかり発表できていたと思います。
ロビー展示の絵は、「ふるさとの絵」という題でとてもうまく表現できているなと思いました。

〇緊張しましたが、とても楽しく発表することができました。ロビーの絵はとてもうまくキレイでした。私も入選できるようになりたいと思いました。各発表の内容もわかりやすくとても良かったと思います。


問い合わせ先

大分南部公民館
住所 〒870-0946 大分市大字曲1113番地
電話番号 097-568-0055

コメント

コメントはまだありません。。。
投稿をお待ちしています!

コメントは当サイトの会員のみ投稿可能です。
会員登録がお済みでない方は会員登録を行ってください。
会員の方はログインしていただくことで投稿できるようになります。
「コメント投稿について」の内容をご確認のうえ投稿してください。

一覧へ戻る
このページの先頭へ