トピックス

マイページに追加するエスペランサ・コレジオの授業を紹介します!第3弾(アロマテラピーコース)

アクセス数(429回)
公開日時6月17日(土)

 今回は授業紹介の第3弾、『アロマテラピーコース』です。平成29年度にできた新しいコースです。毎週木曜日、午後7時から鶴崎公民館第3会議室で授業が行われています。

 「癒しと健康のための実践アロマテラピー」を指導してくれる講師は、薬剤師でアロマセラピストである畔津亜希子先生。
 一つひとつの言葉の定義、アロマオイルの品質、選び方、医療やお薬との関連性、心の仕組みや体の仕組み、資格取得へのガイド等々、1年間じっくりと学んでいきます。

 講義だけではなく、どんなふうにアロマテラピーを取り入れたら良いのか、すぐお家で使えるアロマを使った日用品の作成の時間もたくさん行う予定です。

 私たちが「アロマ、アロマ」と呼んでいるのは、正しくは「精油」を指していることが多いとのことです。「精油」とは植物の花・葉、根など植物ごとに異なる部位に存在する芳香成分を抽出によって濃縮した揮発性の油性成分のことです。
 植物にそのまま存在するより香りも強くパワフルなのだとか・・・

 それでは今回は、植物に含まれているパワーを抽出してみようということで「ハーブチンキ」をみんなで作ってみました。「チンキ」とはアルコールによる浸出油のことです。

 どんな「チンキ」にしたいかみんなで選びますが。今回人気だったハーブは、「オレンジピール」「ラベンダー」「ローズマリー」等でした。
「 ローズマリー」は認知症予防にも良いし、受験生のためのハーブと呼ばれるほど≪脳活≫にも良いとのことです。

 週一回授業を受けて、アロマテラピーを身近に使いながら心も体も健康に、そして元気になって行けるような授業を目指します。

 日常生活でお疲れの皆さん、来年はアロマテラピーを学んで、心も体も元気になりませんか?

https://ameblo.jp/koaki-to-yo/
 
 畔津先生のブログのアドレスです。 ≪アロマ 畔津≫で検索してもOK。アロマ以外にもためになる話が満載です。アロマの学生の皆さん、授業の復習にもなると思いますので是非! また来年は何かを学んでみたいと思っている皆さん、ここで全20コースの授業内容・授業風景などを紹介していきますので、参考にしていただければ幸いです。
 
 
問合せ:大分市立エスペランサ・コレジオ
   TEL  522-3415 または 522-3412

問い合わせ先

大分市立エスペランサ・コレジオ
住所 〒870-0103 大分市東鶴崎1丁目1番5号
電話番号 097-522-3415

コメント

コメントはまだありません。。。
投稿をお待ちしています!

コメントは当サイトの会員のみ投稿可能です。
会員登録がお済みでない方は会員登録を行ってください。
会員の方はログインしていただくことで投稿できるようになります。
「コメント投稿について」の内容をご確認のうえ投稿してください。

一覧へ戻る
このページの先頭へ