まなびのデジタル資料館

マイページに追加する守岡遺跡

アクセス数(1253回)
守岡遺跡

【所在地(住所)】
大分県大分市曲
【内容】
 大分川下流右岸の標高63mの台地に位置する遺跡です。この台地上には、横穴墓群、守岡古墳(円墳)や県指定史跡曲石仏附双塔(五輪塔)、磨崖連碑などがあり、また、守岡堡(もりおかとりで)(中世の山城)があった所といわれ(「豊後国志」ほか)、その遺構と思われる溝の一部が残っています。昭和50年・51年(1975~76)に森岡小学校新設に伴い発掘調査が実施され、弥生時代中期から終末、古墳時代初期、平安・鎌倉時代の複合遺跡であることがわかりました。竪穴住居跡は全体で49基、住居跡内側に溝をめぐらしたものもあります。住居跡中央には焼土跡が残っており、炉跡と考えられています。また弥生時代終末の住居案内からは舶載鏡(はくさいきょう)である昭明鏡片と獣帯鏡片が廃棄された状況で出土しました。また、古墳時代初期の住居跡内からは、200個を越える土器が廃棄状態で出土しており、土器は完形品の割合が高いのが特徴です。これらの土器の中には、関西地域の土器、山陰や岡山地域の土器が混じっており、地域間交流の豊かさを知ることが出来ます。弥生時代中期の貯蔵穴も77基発見されました。中世遺構については、掘立柱建物跡9棟の内、2間×6間(6.4m×11.64m)2棟、1間×3間(4m×7m)5棟が東西南北に配置されており、溝状遺構をふくめ館跡的な様相を示しています。また、さく、祭祀遺構、カマド跡、井戸跡などの遺構も確認されました。遺物は、土師器坏(はじきつき)、皿、灯明皿、や青白磁碗、備前系壺底部、明銭などもみられ、多くが室町時代末期に比定されますが、鎌倉時代の土師器もあるため、曲石仏との関連も考えられています。現在、運動場下に遺跡は保存されています。
【文化財の指定】なし
【交通アクセス】

その他の写真

位置情報

位置情報はありません

問い合わせ先

文化財課
住所 大分市荷揚町2番31号
電話番号 097-534-6111

コメント

コメントはまだありません。。。
投稿をお待ちしています!

コメントは当サイトの会員のみ投稿可能です。
会員登録がお済みでない方は会員登録を行ってください。
会員の方はログインしていただくことで投稿できるようになります。
「コメント投稿について」の内容をご確認のうえ投稿してください。

一覧へ戻る
このページの先頭へ