ここから本文です。

小牧山古墳群

内容

【所在地(住所)】
大分県大分市松岡
【内容】
 松岡の県道鶴崎・大南線に接した標高100~110mの丘陵尾根上に位置しています。古墳群は、東西方向150mの間に、6基が連続して分布しています。墳形は、西側から順に方形墳・円墳・円墳・方形墳・方形墳・前方後円墳となっています。前方後円墳からは、2タイプの壷形埴輪と石棺材の結晶片岩が発見されており、また葺石も確かめられました。それぞれの古墳が近接して築かれていること、築造の時期が4世紀前半から末まで連続していること、築造は丘陵尾根頂部から始まり、順次尾根沿いに下降していること、などの点から、当地域の長首の世代交代のたびに次々と築造されていったものと考えられます。多様な墳形をもつ当古墳群は大分地方における古墳の変遷史を理解する上で欠くことの出来ない史跡です。
【文化財の指定】県指定 史跡
【交通アクセス】

媒体写真
管理施設/お問い合わせ先 文化財課
大分市荷揚町2番31号
TEL:097-534-6111  FAX:097-532-8102
アクセス数3,138回
ページのトップへ