ここから本文です。

高山 辰雄

内容

【略歴】

1912(明治45)年~2007(平成19)年 大分市生まれ。

東京美術学校(現東京芸術大学)卒。松岡映丘に師事する。 1934(昭和9)年、第15回帝展に「湯泉」を出品し、初入選。1936(大正11)年、東京美術学校卒業。卒業制作の「砂丘」は同校の買い上げとなる。1946(昭和21)年、第2回日展に「浴室」を出品、特選となり、1949(昭和24)年第5回日展に出品の「少女」で再び特選となる。

1960(昭和35)年、日本芸術院賞受賞。1965(昭和40)年、芸術選奨文部大臣賞受賞。1970(昭和45)年、日本芸術大賞を受賞。1972(昭和47)年、日本芸術院会員、翌年、日展常務理事となる。1975(昭和50)年から1977(昭和52)年まで日展理事長を務める。1979(昭和54)年、文化功労者となり、1982(昭和57)年、文化勲章を受章した。そして、翌年に大分市名誉市民となる。 戦後から亡くなる前年の2006(平成18)年まで、毎年日展に出品し続けた。 2007(平成19)年9月14日、95歳で逝去。

人、道、空をモチーフに人生、生命、愛情を幻想的な深い色彩で描き、現代日本を代表する日本画家。

媒体写真
管理施設/お問い合わせ先 大分市美術館
〒870-0100 大分市上野865番地
TEL:097-554-5800  FAX:097-554-5811
アクセス数875回
ページのトップへ